易占家紹介


 

 

易占家: 仙亀(せんき)

昭和の易の大家、加藤大岳師の4大弟子のひとり、小林三剛師に師事。 
過去から未来へと続く1本道のなかで、「今」の状況をひもとくつながりや、

かかわりを読み解いていく易占に定評がある。


 

鑑定を終えたかたが、ほっと一息つくとき。

そのかたの最良のものが、世界にみえるようにあふれだし、輝き始めます。 

こころをほがらかに保ち、定めるお手伝いができたら

こんなにうれしいことはありません。

 

かなうときに、かなうことにも意味があり、
かなわないときに、とおらないことにも意味があります。
 

変化を恐れずに、ゆっくりと波際まで歩きだしましょう。
金の波がよせてはひいて、あなたを世界にむけておしだします。  

銀の波がよせてはひいて、あなたを世界から眠りにさそいます。

 

今日の実りを、「あなた自身」に届けるために。

「経験」があなただけの「知恵」として、輝き始めるように。 

あなたの身におこっている「変化」のかたちをとらえ、どのような一歩をふみだすのか、今の意味、先々の状況をみとおすお手伝いを致します。

ブログ感覚で更新中:『note 水曜日は対面鑑定
千里眼@易占のツイッター『千里眼@易占 仙亀
千里眼@易占のフェイスブックページ『千里眼@易占